FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ROCK★PANIC 2016.06.14放送日記

●ドイツの重鎮パワーメタル・トリオRAGEによる通算22枚目のアルバムがリリース!
長きに亘ってバンドを支えたヴィクター・スモールスキアンドレ・ヒルガースが2015年に脱退し、ピーヴィー・ワグナー(vo, b)、マルコス・ロドリゲス(g, vo)、ヴァシリオス“ラッキー”マニアトプロス(ds, vo)という新体制となったRAGE。こうしたフレッシュなメンバーを迎え入れた新生RAGEの第1弾作品は、躍動感に溢れたパワー・メタルを展開しており、RAGEらしいメロディックな側面も充実。緻密な要素は減ったものの攻撃性が増したエキサイティングな一枚。
rage1.jpg
「Devil Strikes Again」 / RAGE (6/10リリース)
とみおけんごの評価 82点



●デビュー20周年を超えたGARBAGEの、4年ぶり6作目となるニュー・アルバムはバンドによるセルフ・プロデュースで、原点回帰的作品!フロントウーマンのシャーリー・マンソン(vo)は「唯一念頭に置いたのはフレッシュであることと、自分の本能に従うこと。詩的にも音的にもね。あと、これまでのGARBAGEのどの作品よりも控えめよ」とコメントしている。
garbg.jpg
「Strange Little Birds」 / GARBAGE (6/10リリース)
とみおけんごの評価 78点



●「ヘッドラインニュース」
BLACK SABBATHのオリジナル・ドラマー、ビル・ワードが、新バンドDay Of Errorsを結成したそうだ。ビル・ワードはFacebookに「僕のドラマー・スピリットを生かし続けたいと望み、キーボードとパーカッションをプレイする2人のゲスト・ミュージシャンを伴う、新しい3ピース・バンドDay Of Errorsを結成するにいたったと発表することができ嬉しく思う。僕らは、ガッツに溢れヘヴィな序曲とともにラウドでハードなプレイをする」というメッセージを掲載した。Day Of Errorsのラインナップは、ワード(Dr & Vo)、Joe Amodea(G & Vo)、Nick Diltz(B & Vo)の3人。それに、ゲスト・ミュージシャンとしてWalter Earl(パーカッション)ワードの息子Aron(Key)が参加する。

音楽と慈善活動への功績が認められ、英女王よりロッド・スチュワートにナイト爵が授与された。ちなみに、ロッドには2007年、大英帝国第三級勲位(CBE)が授与されていた。

米大統領選に出馬するドナルド・トランプ氏が6月7日に開いた集会で登場する際、QUEENの名曲「We Are The Champion」を流したことについて、ブライアン・メイが「ドナルド・トランプがアメリカのテレビで僕らの曲「We Are The Champion」を彼の“テーマ”ソングとして使用したことに対し、僕のもとに苦情が殺到した。これはQUEENの正式な声明ではない。しかし、僕は、曲の使用許可は求められてもいないし与えてもいないと断言できる。これ以上使用されないようにするためにどうしたらいいか、相談しているところだ。僕らがトランプ氏の政策をどう見ているかは別として、QUEENの音楽が政治的キャンペーンの道具として使用されるのを許すのは、僕らのポリシーに反する。僕らの音楽は夢や信念を具象化しているが、それは、音楽を聴き楽しみたいと思う人々に向けたものだ」という憤慨の声明を発表。


●テキサス出身のハードロック・バンド、SCORPION CHILDの2ndアルバム。
SCORPION CHILDは多種多様な音楽的背景を持つミュージシャンの集合体で、彼らが結成当初より指向していたのは70年代型のブルーズ・ベースのハード・ロックだった。そもそも彼らの嗜好は多岐に亘り、80年代に生まれたスラッシュ/スピード・メタルや、イギリス/ヨーロッパのロック/ハード・ロック/ヘヴィ・メタルだけでなく、プログレッシヴ・ロックやハードコア・パンク、エクストリームなバンド達、更にはサザンブルーズ等々、ありとあらゆるものを咀嚼吸収してきている。『Acid Roulette』と題されたこの新作はストーリー・アルバムであり、出所した元囚人が耐え難い現実に直面した結果、失意と絶望に苛まれて放浪の旅に出るというのがその内容。1年間を通じての、元囚人の様々な感情や心理の描写が各曲にてなされている。
scorpchild.jpg
「Acid Roulette」 / SCORPION CHILD (6/10リリース)
とみおけんごの評価 90点



●6月2日、スイスで開かれたフェスティバル<Caribana>でパフォーマンス中、ステージから転落したPRIMAL SCREAMボビー・ギレスピーが、救急輸送機で英国に戻った。事故はパフォーマンスが始まりおよそ40分後に起きた。ボビーはすぐに病院へ搬送され、医師から安静を命じられたという。ステージの高さは2メートルほどあったそうだ。これにより、バンドは6~7月に予定していた公演をキャンセルすると発表した。ボビーは8週間の休養が必要だという。


●6月11日、英国で開かれた<Download 2016>フェスティバルで、MEGADETHのパフォーマンスにニッキー・シックスがゲスト出演した。
彼らは、MEGADETHの3rdアルバム『So Far, So Good…So What!』(1988年)に収録されたSEX PISTOLS「Anarchy In The U.K.」をプレイした。同曲は、MOTLEY CRUEも1991年にリリースしたベスト盤『Decade of Decadence 81-91』のためにレコーディングしている。シックスは演奏後、ムステインとハグを交わした。シックスはこの日、SIXX:A.M.として同フェスティバルに出演していた。


エリック・クラプトンは、「まだ弾ける」が、筋力が低下したり手足にしびれや痛みをもたらす末梢神経障害のため、ギターを弾くのが以前より困難になってきたという。
たとえ、以前と同じようにギターが弾けなくなったとしても、彼が素晴らしいソングライターであることに変わりはないが・・・


●今夜もメッセージ、リクエストを送ってくれた「T49」さん、「レモン」さんありがとう!
 番組では
 あなたのリクエストも待ってます
 E-MAILアドレスは → 784@narafm.jp
 必ず「ROCK★PANIC宛て」って書いてネ


本日のPLAY LIST
★「ニュー・リリース」
My Way / RAGE

★「ニュー・リリース」
Empty / GARBAGE

We Are The Champions / QUEEN

★「ニュー・リリース」
Reaper's Danse / SCORPION CHILD

★「Ureru Des Panic」
公開オーディションサイト BAND PANIC

It's Alright, It's OK / PRIMAL SCREAM

★「トミーのマネしちゃ、イヤ~ん❤」
Anarchy In The U.K. / SEX PISTOLS
Anarchy In The U.K. / MOTLEY CRUE
Anarchy In The U.K. / MEGADETH

Spiral / Eric Clapton
            ↑    
    ※気になる曲をクリックすると視聴出来ます

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

とみおけんご

Author:とみおけんご
ロックとレーシングカーと仏像が好物。
得意技はヘドバン。
つい本音が出て、周囲が凍る事も・・・
座右の銘は「俺、万歳!」
FM78.4「ROCK★PANIC」毎週火曜22:00~23:00 Live On Air リクエスト・メッセージはこちらへ→784@nara.fm

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。